HOME  ›  ふくもの隊について
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

日本では昔から言葉や物を大切にしてきました。
いいことを口に出すといいことが、悪いことばかり言っていると悪い方へ…
物を大切にする気持ち、それはいい形でその人へ、
気持ちのよい言葉や心のこもった贈り物を大切な人へ贈ると
幸せの連鎖がどんどん広がります。
そんな幸せの連鎖を広げるため、2005年に『ふくもの』という
書籍が小学館から発売されました。
その時、結成された上大岡トメ&ふくもの堂が、
その後も福を求めて「ふくもの隊」として活動し、
メンバーを増やしてきました。
もっとたくさんの人に「ふくもの」を知ってもらいたい!
そんな気持ちから、スタートしたふくもの隊が行く!
どうぞよろしくお願い致します。
☆まだ未完成なページも多いですが、今後どんどん更新していく予定ですので、また遊びにきてくださいね。


『ふくもの』=福な物や事、縁起物

この言葉は、2005年小学館から発売された『〜幸せお届けします〜ふくもの』という書籍タイトルから生まれました。
日本の縁起物を紹介したこの本で、結成されたのが“ふくふく隊”。
福もの好きなメンバーが集まり、ふく探しをスタート。
東京では、招き猫発祥の地と言われている豪徳寺、だるまで有名な川崎大師、関東では有数の仏閣であり浅草・浅草寺。
さらに招福スポットとしては日本一、伝統があると言われる京都を練り歩き「ふくもの」を紹介。
その後も、メインメンバーであるふくもの隊・隊長上大岡トメ、副隊長の恵美須ゆう、副隊長2の大黒はぎわらは、
女性誌にて「ふくの島ほこほこ旅」という日本の島にふく探しに行く!活動を続け、
2010年3月25日(吉日)に1冊にまとまって角川書店から発売されました。
それに合わせ、今年1月から『ふくもの隊が行く!』サイトを立ち上げました。
これからも「ふく」なものや話しをアップしていきたいと思います。
そして、ここに来れば「ふく」なことなら何でも揃う!というサイトを目指します。

「ふく」が好きな人は皆ふくもの隊員ですので、ぜひ参加してくださいね。
ご当地もの、不思議なふくもの、近所のパワースポットなど身近な「ふくもの」情報お待ちしていおります。
ふくもの隊一同

ふくもの情報はこちらまで